賃貸マンションは学生にもサラリーマンにも優しい物件

敷金礼金を調べる

マンション

賃貸契約の時に、敷金と礼金を支払うというのはなんとなく分かっている事です。 賃貸物件を探していると、敷金何ヶ月分・礼金何ヶ月分という表記がされているからです。 そもそも敷金・礼金とは、何という方もいらっしゃる事でしょう。 敷金とは、修繕費用をまかなう為に先にオーナーへ預けるお金です。 退去時に支払い能力が無いと困るので、先に預ける仕組みが取られています。 ちなみに、敷金というのは修繕にかかってくるので、広い部屋の方が金額が高くなります。 例えば1DKは1ヶ月分ならば、3LDKは3ヶ月分かかり、費用が違うのが通常です。 そして、修繕で使わずに余った分は退去時に戻ってくる事もあります。 これに対し礼金は、オーナーに払うお礼のお金ですから戻ってくる事はありません。 礼金は、家賃の1ヶ月分が相場になっています。 しかし最近は人口が減少している反面、建てられる不動産物件は多く空室が増えてきています。 ですので、長く空室が続くものや物件が多い地域は敷金・礼金が無いケースがあります。 特集を組んでいる賃貸サイトもありますので、初期費用を抑えたい人はそういったサイトを活用してみると良いでしょう。

賃貸で支払う敷金と礼金は法律で定められている制度と思いがちですが、実は違います。 古くからの習慣なのです。 地域によって呼び方も相場も内容も違ってきます。 敷金・礼金は関東地方の一般的な呼び方で、関西地方では保証金・敷引きと呼ばれています。 敷金に当たる保証金から、退去時に礼金を敷き引くという方式なのです。 礼金は古くからの習慣ですが、なんと戦後までさかのぼります。 戦後、家が焼かれてしまい住むところを無くした人たちが、家を貸してくれたオーナーへ感謝の気持ちからお金を包んで渡した事から始まっているのです。 それが今も続いているのです。 ちなみに、オーナーの好意で礼金ゼロの物件もありますが、元々礼金を取ってはならない物件もあります。 物件を建てる際に住宅金融公庫から融資を受けて建てた物件の場合です。 これは礼金を取っては行けないと法律で定められている物件となるのです。